お話をきかせて

無名のアイドレスプレイヤーのアイドレス日記です。
学校へ行こう、初めて書いた文字は名前でした編
芹沢琴 さんの発言:
こんばんは、22時からの生活ゲームに伺いました

芝村 さんの発言:
記事どうぞ
イベント選択も

芹沢琴 さんの発言:
http://cwtg.jp/ogasawara/nisetre.cgi?no=5763

【予約者の名前】03-00059-01:芹沢琴:FEG
【実施予定日時】 7/14/22:00〜23:00
【ゲーム実施時間】20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・広島明乃:非滞在ACE:10
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計43マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・03-00059-01:芹沢琴:-0マイル:入学済

#誕生日枠を使用します。
#誕生日枠根拠:http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=8123

芝村 さんの発言:
イベントは?

芹沢琴 さんの発言:
はい。
FEGに学校が出来たと聞いたので見に行きたいと思っているのですが
それと、質問とl:よろしいでしょうか?

芝村 さんの発言:
どうぞ

芹沢琴 さんの発言:
ありがとうございます

Q1:もう大分前になりますが、以前バレンタインに明乃ちゃんの友人にも贈ったのですが、彼女の友人にどなたがカウントされているのでしょうか?

Q2:Q1の方達はバレンタインのチョコにどのような反応をされたでしょうか?

l:芹沢琴の所持している恩寵の時計には和訳で「過去が希望をくれる」と言う文字のシールが貼られている=側面:芹沢本人 が満足する

l:芹沢琴の所持している百物語を懐に忍ばせている=側面:芹沢本人が満足する

l:芹沢琴の所持している高級筆記具を懐に忍ばせている=側面:芹沢本人が満足する

芝村 さんの発言:
A1:さあ。結構な数いるぞ
A2:喜んだ
はい。

芹沢琴 さんの発言:
ありがとうございます
お友達が多いのはいい事です

芝村 さんの発言:
どうするよ

芹沢琴 さんの発言:
はい、
FEGにできた学校に行きます

芝村 さんの発言:
2分待て

芹沢琴 さんの発言:
はい、よろしくお願いします

芝村 さんの発言:

/*/

ここはFEGだ。

芹沢琴 さんの発言:
今日の服装です

http://story.someiyosino.fool.jp/?eid=1013493

芝村 さんの発言:
人が多い。

芹沢琴 さんの発言:
今いるのはFEGのどこでしょうか?

芝村 さんの発言:
王城前だね

芹沢琴 さんの発言:
とりあえず、明乃ちゃん探します
「明乃ちゃーん?」きょろきょろします
王城の前に学校があるのでしょうか?

芝村 さんの発言:
明乃がよってきたよ。
学校はまだだいぶ遠いな

芹沢琴 さんの発言:
「あ、お久しぶりです」駆け寄って挨拶します

芝村 さんの発言:
明乃:「おひさしぶりです」

芹沢琴 さんの発言:
「えっとですね、最近また国で色んなことがあってですね、沢山色々あったのですがどれからお手伝いすればいいのか分からないのです」
「で、最近ウチの国に新しく学校ができまして。そこの様子を見に行こうと思うのです」

芝村 さんの発言:
明乃:「いいですね」
明乃は微笑んだ。
明乃:「どんな貴族様がいるんだろう」

芹沢琴 さんの発言:
「できた途端にパンクしたと聞きましてどういうことなのか分からないので見に行こうかと」
「うちの国だと、どうなるのですかねぇ?」

芝村 さんの発言:
明乃:「?」

芹沢琴 さんの発言:
Q:FEGも、お金持ちの人しか学校行けていないのでしょうか?

芝村 さんの発言:
A:いいえ
明乃:「こっちですか?」

芹沢琴 さんの発言:
「あ、はい」
r:学校に向かいます
「そういえば、明乃ちゃんが働いているのも学校でしたっけ?」歩きながら話しかけます

芝村 さんの発言:
学校に着いたよ。
明乃:「はい・・・あ」
明乃は見上げた

芹沢琴 さんの発言:
一緒に見上げます

芝村 さんの発言:
巨大な学校だね。凄いお金がかかっている

芹沢琴 さんの発言:
「・・・・・・・・・ここのようですが。うちの国、どのくらいの人が通ってるんでしょうか?」

芝村 さんの発言:
明乃:「・・・大きい・・・」

芹沢琴 さんの発言:
とりあえず、門前に警備の方がおられるなら見学の許可をもらいます

芝村 さんの発言:
明乃はあっけにとられている

芹沢琴 さんの発言:
「私も初めて来ましたが・・・・・・・こんなに大きいとは思いませんでした」

芝村 さんの発言:
明乃:「はい・・・・」

芹沢琴 さんの発言:
#銅像とか建ってるのならうちの藩王様のなのかしら・・・・・・・・・
r:門前に警備の方がおられるのなら、その方に見学の許可をいただいてから学校に入ります

芝村 さんの発言:
#さすがにそういう悪趣味なのはない
警備は許可をだした。うなずいている

芹沢琴 さんの発言:
「ありがとうございます」警備の方にお礼を言ってから門を潜ります

芝村 さんの発言:
問に入ったよ。
凄い数の人間だ。
10000人はいそうだ。もっといるかも

芹沢琴 さんの発言:
「そういえば、こちらの学校は何歳から何歳までの方がこられてるのかしら?」

芝村 さんの発言:
明乃:「どうなんでしょうね?」

芹沢琴 さんの発言:
「うーん、学校って案内パンフレットとか用意されてると思うのでちょっともらってきましょうか」
r:まず事務室に向かって学校の案内パンフレットをもらってきます

芝村 さんの発言:
貰った

芹沢琴 さんの発言:
では、内容を見ます

芝村 さんの発言:
1万人を収容するマンモス学校だって
クラスだけでもすごいらしい

芹沢琴 さんの発言:
「授業見学とか、教室の外からならできると思うのですが、行ってもよろしいですか?」明乃ちゃんにパンフレットの内容を読み上げてから聞いてみます
#1クラス何人かしら・・・

芝村 さんの発言:
#80人
教室は人で一杯だが、熱気にあふれている

芹沢琴 さんの発言:
#:多っ!!

芝村 さんの発言:
勉強を皆は欲している

芹沢琴 さんの発言:
Q:この教室では何を教えているか、分かりますか?

芝村 さんの発言:
A:算数のようだ

芹沢琴 さんの発言:
Q:この教室にいるのはいくつくらいの生徒ですか?

芝村 さんの発言:
A:年齢はばらばらだ
どうやら、試験でクラスを決めているらしい

芹沢琴 さんの発言:
「皆さん、勉強熱心ですね」教室の生徒の邪魔にならない小声で言います
「ウチの国、ちょっと前まで子供がいなかったから、学校もなくなってたんです」
「だから、勉強できる機会ができたから、あんなに一生懸命なのかな・・・」明乃ちゃんに聴こえる位の小声で

芝村 さんの発言:
明乃:「うん」
明乃:「あ、はい。いいですね。あこがれます」

芹沢琴 さんの発言:
「そういえば、私まだ言ってた事やれてませんね」
「明乃ちゃんの国の言葉、勉強したいって事」
「そしたらなかなか会えなくともお手紙でやりとりできるようになるのですが」

芝村 さんの発言:
明乃:「そうですね」
明乃は苦笑した

芹沢琴 さんの発言:
Q:ところで、明乃ちゃんは私がレムーリアの言葉を覚えたらやり取りできるくらいの識字能力はあるのでしょうか? 前は千葉兄に習っていたようなのですが

芝村 さんの発言:
A:そこそこできるよ。練習してたからね

芹沢琴 さんの発言:
「とりあえず、他のところも見に行きましょうか」明乃ちゃんに聴こえるくらいの小声で

芝村 さんの発言:
明乃:「はい」
歩いた。

芹沢琴 さんの発言:
#:よかったです、でも私どうやって言葉覚えよう

芝村 さんの発言:
凄い数の人間だ。流されないようにあるいた。
昼休みに入ったようだ。はぐれそう

芹沢琴 さんの発言:
「あ、明乃ちゃんごめんなさいね」手を繋いで歩きます
「この時間でしたら、食堂が開いてると思うので、席とって休憩しますか」
r食堂まで歩いてみます

芝村 さんの発言:
明乃:「凄い数です!」
食堂は大激戦区だ
とてもじゃないが近づくのも難しい

芹沢琴 さんの発言:
「皆さん、おなかすいてらっしゃるのですねぇ」では、食堂は一旦諦めて中庭で座れそうな場所探します

芝村 さんの発言:
そこも凄い数だ。屋上ほどじゃないが

芹沢琴 さんの発言:
「本当でしたら何か軽く食べれたらよかったのですがねぇ」

芝村 さんの発言:
明乃は目を丸くしてる
それでも熱心に勉強しているのが多い

芹沢琴 さんの発言:
「あらまあ・・・・・・・・・」座れそうな場所を見つけて明乃ちゃんと座ります

芝村 さんの発言:
どうにか座った
トイレ近くの廊下だ

芹沢琴 さんの発言:
「・・・・・・・・・すみません、ここしか見つけられなくって」
#:リアルでもこうなりそうなヘタレな自分が想像できます・・・

芝村 さんの発言:
明乃:「すごいですね・・・」
明乃:「みんな、がんばっている」

芹沢琴 さんの発言:
「ええ、でもまだ勉強したいって人がいっぱいいるそうで」
「その人達にもこんな場所を提供できたらいいのですが」
ふと、思いついて持っている万年筆で私の名前と明乃ちゃんの名前を書きます

芝村 さんの発言:
明乃:「これは?」

芹沢琴 さんの発言:
「えっと、右が私の名前で。左がこちらの言葉での明乃ちゃんの名前です」

芝村 さんの発言:
明乃:「なるほど・・・・」

芹沢琴 さんの発言:
「その上に、明乃ちゃんの国の言葉で私の名前と明乃ちゃんの名前を書いてもらってよろしいですか?」

芝村 さんの発言:
明乃はじーとみている。
指がなぞるように動いている。

芹沢琴 さんの発言:
万年筆を差し出します
ちなみに、書いたのはパンフレットの空きスペースにです

芝村 さんの発言:
明乃は万年筆をうまく使えない
よく分ってないようだ

芹沢琴 さんの発言:
「えっと、あちらでは筆記具は何使ってますか?」購買で探してこようかと

芝村 さんの発言:
明乃:「・・・羽根ペンです」

芹沢琴 さんの発言:
f:芹沢琴は腐女子である=側面:某魔法少年のコスプレ用に羽ペン持ってる

芝村 さんの発言:
とおらなかった
羽根ペンはFEGではまずかえない

芹沢琴 さんの発言:
「せめて持ちやすいものあればよろしいのですが・・・・・・」購買に行って羽ペンみたいに持てそうなもの探します

芝村 さんの発言:
ないねえ。あ。鉛筆があった

芹沢琴 さんの発言:
「こちらは、どうですか?」えんぴつ削って差し出します

芝村 さんの発言:
明乃は書いた。びっくりしている
明乃:「すごい!」

芹沢琴 さんの発言:
「よかった」ほっとして笑います
「これも、小さな一歩です」
「明乃ちゃんの国の言葉を覚えるための」

芝村 さんの発言:
明乃は微笑んで、そうですねといった

/*/

はい。お疲れ様でした。

芹沢琴 さんの発言:
お疲れ様でした

芝村 さんの発言:
評価は+1+1でした。
秘宝館には1,1で依頼できます

芹沢琴 さんの発言:
ところで、芹沢は明乃ちゃんの名前レムーリア語で書けるようになりましたでしょうか?
ありがとうございます
えっと、これで4・4ですか?

芝村 さんの発言:
ええ。
はい。では解散しましょう。おつかれさまでしたー

芹沢琴 さんの発言:
お疲れ様ですー
 
小笠原ゲームログ 23:07 comments(0)
政庁城の片隅でチョコを配って鍋をつつく(裏タイトル・ACE多岐川さん査定)
r:以下のログは国民番号を持つPLしか読む事ができない。

登場人物

芹沢琴

FEG在住の自称・不良文族。最近武器が増えたと喜んでいる。
現在鍋の国に出向中だったが今回のゲームで一時FEGに帰国する事に。今回も明乃嬢ともう1人の馬鹿に振り回される事に。

広島明乃

レムーリア出身の黒髪三つ編み給仕さん。今回も予想外の言動で芹沢を狼狽させる。
とりあえず、是空さんとどういう縁のお知り合いか今度教えて下さいましね。

多岐川佑華(ACE)

現在訳あってFEG政庁城に避難生活中の芹沢と浅からぬ縁のある人物。口が通常より悪いのは相手が芹沢だから。多分。てかアータはホンマ(以下略)

是空とおる(?)

我らがFEGの藩王様。今回会ったのがどの是空さんかは不明。まさかの登場で、芹沢本気でビビりました。はい。

名前のみ登場の人

クーリンガン

ご存知、巷で活躍中のクーの人。この人の噂で芹沢本気で狼狽するハメに。やーめーてー。

続きを読む >>
小笠原ゲームログ 23:28 comments(0)
うんと重くて痛い言葉
l:以下のログは国民番号を持つPLしか読む事ができない。

登場人物

芹沢琴

FEG在住の自称・不良文族。うかつ者。「(生活ゲームで)そろそろヤバい」が最近の口癖。
今回のゲームで自分の考えなしとこれからの事についてどうすべきか考え込む事に・・・・・・。

広島明乃

レムーリア在住のめごい給仕さん。彼女の今回の発言で、芹沢は考え込む事になる。この子に失望される人間にはなりたくないのよ私は。でもどうしよう、色々と。

名前のみ登場の人

多岐川佑華

FEG在住の結婚までカウントダウンが開始された文族さん。結婚式呼ばれなくても行くからネ、後今回秘宝館枠もらえんくてゴメン。

大阪万博

レムーリアはノライディン・シンタロ校に通う何かエロい人。明乃ちゃんの口から語られた彼の言葉は、芹沢には痛く重く、考えさせられました。

本当は明乃ちゃんに会えて1周年だわーい、てささやかなお祝いしたかっただけだったのですが、時期が時期だっただけにどうしよううわーんな結果に終わってしまいました・・・・・・・・・。今後、本当何をどうすればいいんだろう。
続きを読む >>
小笠原ゲームログ 20:50 comments(0)
遅れたハッピーマイバースデー
愉快かもしれない登場人物紹介

芹沢琴

FEG在住のエセお嬢様口調の自称・不良文族。リリカルスマイルを間違った使い方する人。明乃嬢の前だとなりを潜めているが、オタクで腐女子。目下の悩みは「第二部文庫化されないと書いたり描いたりしてくれる方が少ない」事である。
今回は、3月に行うつもりだった自分プロデュースの誕生会を決行しようとするが……?
ちなみに明乃嬢の中では異教徒の信者になっている。

広島明乃

レムーリア在住の黒髪お下げが素敵な給仕さん。やはり、第7世界とレムーリアとじゃ文化の違いがあるのか、想定外の発言をしては芹沢をビビらせている。でも可愛いから許す。

コゼット

我らが是空藩王の愛娘。今回芹沢が出かけたお茶会の主催者。
ケーキと紅茶、ご馳走様でした。またいずれ、お話できる機会楽しみにしてます。てか、PCとPL分けてるつもりなので私達の関係バラすの止めて下さい(汗)。

いや、みんな知ってるじゃん(by多岐川)


名前のみ登場の人

多岐川佑華

FEG在住の文族。芹沢が明乃嬢と再会した翌日に小カトーとうんヶ月ぶりの再会をする為、大分前からテンパりまくってテンションがおかしくなっている。

小カトー・多岐川

多岐川の恋人。戦闘機大好き。芹沢のちょっと気にしている事の1つは、明乃嬢が彼に対してしているちょっとした誤解をどう解くかである。今回のゲームで思わぬ形で登場して多岐川(の中の人)を混乱させた。
あと、貴方が間違えない限り佑華さんは道踏み外さないんで、この人の事よろしくお願いしまーす。

以上の面々で今回もお送りします。


l:以下のログは国民番号を持つPLしか読む事ができない。
続きを読む >>
小笠原ゲームログ 22:30 comments(0)
げんきをだしておくんなさい、ちょっと早めのバレンタインの豪華2本立て(嘘言ってるつもりはないです)
r:以下のログはアイドレス2上で生存するPCを持ち、NWに存在するいずれかの藩国HPの国民名簿ページに存在するプレイヤーしか認識することはできず、その内容をACE・PLACEが知ることは出来ない。

愉快かもしれない登場人物紹介

芹沢琴

FEG在住の自称・不良文族。エセお嬢様口調の歌うの大好きオタク娘。ネタ職人の人達を心の底から尊敬して自分もギャグ畑の住人になるのが密かな目標(ヤメロヨ)。
今回は、友人・多岐川佑華の心がバキバキ折れるのを見かねて明乃嬢を誘い秋の園の神社にお参りに行ったのだけれど・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・まさか、あんな事になるなんて思わなかったのです。

広島明乃

「頂天のレムーリア」第二部のヒロイン。小柄なめんこい給仕さん。今回、彼女の発言に芹沢さんは大きく振り回されたり狼狽する事になる。
彼女との仲の最大の敵は誰でもなく文化の違いだと思います。

名前のみ登場の人

多岐川佑華

FEG在住の文族。現在不在の小カトー・多岐川の事で心が折れている。今回の事前SSは彼女のPLの発言と許可を元に執筆しています。

小カトー・多岐川

現在不在の多岐川の恋人。今回、彼が知らない内に芹沢の発言により明乃嬢の中でえらい事となる。

この面々でお送りしております。
続きを読む >>
小笠原ゲームログ 23:45 comments(0)
Republic’s journey
・愉快な登場人物紹介

・芹沢琴
FEG出身の自称・不良文族。エセお嬢様口調のオタク娘(ただし今回のログではその本性は明らかにならず、いやしょうもないl:で明らかになってるか)。
今回、1度会ってみたかった広島明乃嬢に出会い、慣れない携帯でのゲーム参加もあってめっさぐるぐるしていた。あと小カトーにお中元贈ってみたのだが……(苦笑)。

・多岐川佑華
FEG出身の文族にして、ご存知瀧川妖精(本人めっちゃ否定)。普段は温厚なボンクラだが小カトー関わるとボンクラ度が3割増になるという悪癖は相変わらず。自身は微笑青空ギャグ部門だと言い張っているが誰も同意してくれないのに首をひねっている。現在諸事情で髪の毛ピンク色なのだが小カトーに1度逃げられたので今回はヅラ着用(ウィッグだよ by多岐川)。
芹沢の付き添いと小カトーにある相談をしようと思っていたのだが、様々な原因が重なって………。

・広島明乃
「頂天のレムーリア」第二部ヒロイン。小柄で少々訛りが可愛い女の子。職業・給仕。ちなみに年齢15歳。
「B’s‐LOG」にて、彼女の初登場時に芹沢が一目ぼれならぬ一読みぼれをし、前々から会いたい会いたい連呼してて今回招待する事に。
色々びっくりさせて、本当にごめんね。

・小カトー・多岐川
多岐川の彼氏だが、自分より戦闘機の方が大事なんだと思い込まれている気の毒な少年。ゴージャスタイムズ出身の為、多少の非常識には柔軟な対応ができるゆえ、今回のゲームで大いに助けられる事に。
あと、明乃ちゃんが君と同い年だって気付いてた? あと、知らない人から小包届いたら色々確認してから開けよう(笑)。

以上の面子でお送りしております。
以下、ログ。多少読みやすいようセリフの辺り入れ替えています。




多岐川佑華 :こんばんはー22:00からの生活ゲームに来ました

芝村裕吏さん :記事どうぞ

多岐川佑華 :
【予約者の名前】03-00058-01:多岐川佑華:FEG

【実施予定日時】8/19 /22:00〜23:00

【ゲームの種別】生活ゲーム

【ゲーム時間:消費マイル】

 ・1時間:20マイル×1時間

【予約の有無】予約 有り(10マイル)

【召喚ACE】

 ・広島明乃:藩国非滞在:10マイル

 ・小カトー・多岐川:個人ACE:0マイル

【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×2人

【合計消費マイル】計46マイル

【参加者:負担するマイル】

 ・03-00058-01:多岐川佑華:-23マイル:入学済

 ・03-00059-01:芹沢琴:-23マイル:入学済

多岐川佑華 :あと質問2点とl:を提出したいのですが

芝村裕吏さん :ええ

多岐川佑華 :Q1:今日は共和国環状線に乗ってみたいと思っているのですが、危険な事はあるでしょうか?(初めて明乃ちゃんに来てもらったのに怖い思いさせたくないので)

Q2:小カトーにこちらを事前にビデオレターとして見てもらうと言う設定は通るでしょうか? また通る場合マイル消費は必要でしょうか?(手紙じゃないです、ビデオレターです)

多岐川佑華 :あとこちらのl:を提出いたします

#かなり馬鹿馬鹿しいとは思うのですが

l:多岐川佑華は西国人のウィッグを被っている=側面:多岐川の髪の色がピンクではなくなり小カトーが畏縮する事がなくなる *注訳1

l:芹沢琴の所持している恩寵の時計には和訳で「過去が希望をくれる」と言う文字のシールが貼られている=側面:芹沢本人が満足する *注訳2

芝村裕吏さん :大丈夫

芝村裕吏さん :通った>2つ

芹沢琴 :あはははは、ありがとうございます、ありがとうございます

芝村裕吏さん :イベントは?

多岐川佑華 :共和国環状線乗りに行ってみたいです

芝村裕吏さん :OK 2分待ってね

芹沢琴 :一緒に列車でお弁当食べたいです

芝村裕吏さん :あい

芝村裕吏さん :/*/

多岐川佑華 :今日持って来たものと今日の服装です。

芝村裕吏さん :ここは駅のホームだよ。

芝村裕吏さん :巨大で優美だ。

芹沢琴 :「んふーふーふー♪」鼻歌歌いながら荷物持って辺り見渡しています *注訳3 

芹沢琴 :「明乃ちゃん、来ていますかねぇ?」見渡しています

多岐川佑華 :Q:明乃ちゃんと小カトーはどうしてるでしょうか?

芝村裕吏さん :A:明乃は小カトーに隠れている

芝村裕吏さん :同じホームにいる。

芝村裕吏さん :照れるカトー *注訳4

多岐川佑華 :「あらら。こんにちは広島明乃ちゃん。えーっと、呼び方は明乃ちゃんでいいかな?」小カトーの後ろにいる明乃ちゃんに話しかけてみます

芹沢琴 :「こんにちは、芹沢琴です」二人に笑顔で挨拶します

明乃:「わたすは・・・えっと」

カトー:「俺の友達。な」

芝村裕吏さん :カトー笑顔。明乃も笑顔になった。

芝村裕吏さん :こういうときは無限に強い

芹沢琴 :「はい、広島明乃ちゃんですね」笑顔で会釈します

多岐川佑華 :#小カトーいいこ!! 愛してる!!

多岐川佑華 :「えっと、今日は環状線に乗りに行こうと思ってるんだけどいいかな?」

明乃:「な、なぜです?」

芹沢琴 :「ええ。立ち話もなんですし」

カトー:「友達になりたいんだって。大丈夫!」

カトー:「いこ」

明乃:「は、はい」

芹沢琴 :「えっと、明乃ちゃんは列車乗るの嫌ですか?」

芝村裕吏さん :明乃は隠れている

カトー:「乗ったことないのさ。列車」

多岐川佑華 :「ああそっか。列車の旅行は楽しいよ、景色見て、一緒にお弁当食べるの」

芹沢琴 :「私達の住んでいる場所、一緒に見てほしいので」笑顔で言います

芹沢琴 :「おやつにチーズケーキ作りましたから、お弁当食べたらいただきましょう?」

カトー:「んー」

多岐川佑華 :「お弁当もね、駅弁。駅にいろんなお弁当あってそれをたべっこするの楽しいよ?」

カトー:「あのさ。まず、ちゃんと招待状おくって、自己紹介と自分がどう知ってどう仲良くしたいのかは、教えたほうがいいよ。自分の都合とか、やりたいことを話すんじゃなしにさ」 *注訳5

カトー:「初対面でその態度、こわがらせるだけだって」

芹沢琴 :「あ………、ごめんなさい。テンパってましたわ」反省します

カトー:「どぞ」>ずずーと手を出す

多岐川佑華 :「ああそうだね。ショウ君ありがとう」#マジ小カトーありがとう〜

芹沢琴 :「まず自己紹介します。私は芹沢琴。FEGで、文書くお仕事やっています」

明乃:「広島、明乃です・・・」

芝村裕吏さん :小さい声だ

明乃:「きゅ、給仕です」

芹沢琴 :「でも、秘宝館で文書いてる方が多いですね」苦笑しながら

多岐川佑華 :「私は多岐川佑華。FEGっていう国で文書く仕事しています。明乃ちゃんの事はうちの国にいるレムーリアの人達から知りました」

明乃:「誰、ですか? わたすを知るって・・・」

芝村裕吏さん :おどおどしてる

多岐川佑華 :「うーんと、うちの国に滞在している千葉昇さんから」 *注訳6

芹沢琴 :「えっと、小カトーさんもはじめまして。佑華さんからお話は聞いています」小カトーにも笑顔で

多岐川佑華 :#枝から生えてるから間違ってはいないはずっっ

明乃:「昇・・・さんから」

芝村裕吏さん :明乃は顔が赤くなった *注訳7

明乃:「は、はい。そういうことなら!」

多岐川佑華 :#千葉兄さんありがとう……!!

芹沢琴 :「親しい方なのですか?」笑顔で明乃ちゃんに向かって *注訳8

明乃:「…は、はい。い、いえ。よくして、もらってます」

多岐川佑華 :「そうかそうか。仲いい事はいい事だね」明乃ちゃんに笑いかけます

芹沢琴 :「まあ、優しい方なんですね。」笑顔で

芹沢琴 :「あ、佑華さん。ひまわり」佑華さん後ろで小突いて

多岐川佑華 :「あっそうだ。初めて会えた記念にプレゼント」ひまわりの花束明乃ちゃんに手渡します

芝村裕吏さん :明乃は照れている。

明乃:「わぁ」

明乃:「い、いいんですか?」

カトー:「あんま珍しくない花だけどな」

明乃:「うちの国では、こういうのないです」 *注訳9

多岐川佑華 :「うん。せっかく来てくれたから。プレゼント」

芹沢琴 :「ええ、はじめて会う方に何すればいいか、分からなくって。佑華さんが用意してくれたんです」笑顔笑顔

明乃:「あ、ありがとうございます」

カトー:「どうでもいいけど、電車2本くらいのがしてるけどいいの?」

芹沢琴 :「あ、明乃ちゃんの住む所ではどんな花が咲いているのですか?」

明乃:「ユリとか、・・・あ」

多岐川佑華 :「あーいけないいけない。それじゃあ積もる話はまず電車乗ってからで!!」慌てて弁当持って電車に乗り込みます

芹沢琴 :「アハハハハ、立ち話もあれですしね」佑華さんに続きます

芹沢琴 :「またお話、列車で聞かせてくださいね?」明乃ちゃんに笑顔でウインクして

芝村裕吏さん :電車に乗った

芝村裕吏さん :電車は走り出した

多岐川佑華 :r:電車で適当な所に座ります

芹沢琴 :r:佑華さんにならいます

多岐川佑華 :「ショウ君もありがとうね、本当に何から何まで」こっそり小カトーに耳打ちします

カトー:「?」

芝村裕吏さん :分かってなさそうだ *注訳10

芹沢琴 :「あ、明乃ちゃん。ここどうぞ」手招きします

芝村裕吏さん :明乃はあわてて座った。

芝村裕吏さん :珍しいようだ

芹沢琴 :「あの、お外はどうですか?」窓をみます

芹沢琴 :「ここが私達の住む国です」

多岐川佑華 :「ここもつい最近出来たところなんだよー」と言いながら駅弁皆に配ります

明乃:「すごいですね・・・」

芹沢琴 :r:駅弁はランダムで何買ったか私達もわかりません *注訳11

芹沢琴 :「何見えますかねー」明乃ちゃんの目線の方一緒に見ます

芹沢琴 :r:目線そのままで佑華さん手伝います

芝村裕吏さん :街だよ。高層ビル街だ。

明乃:「すごい・・・」

カトー:「まあ、一応共和国最大だからな」

多岐川佑華 :「とりあえず駅弁食べながら景色見てよっか」お茶も配りながら食べる用意しています

芹沢琴 :「あー、うちの国も結構変わりましたからねー」素で驚きます

多岐川佑華 :「うちの国あんまり考えた事なかったけど一応大きい国みたいだしねえ」

カトー:「うん」

芹沢琴 :「昔は砂漠でえらい苦労したそうですのに」

芝村裕吏さん :明乃は弁当見て驚いている。幕の内のようだ

多岐川佑華 :「おー、明乃ちゃんのお弁当は大当たりみたいだねえ」笑いながら自分の弁当も開けてみます

芝村裕吏さん :アナゴ弁当だった

芹沢琴 :「あら。私のは」自分の分あけてみます

芝村裕吏さん :そちらは柿寿司だ

多岐川佑華 :「おー、豪華。ショウ君の何だったー?」

カトー:「俺、釜めしー」

芹沢琴 :「佑華さーん、あとでおかず交換しませんかー?」

芹沢琴 :「わあ………、えと、明乃ちゃんもおひとつどうぞ」お弁当差し出します

芝村裕吏さん :明乃はよくわかってない

多岐川佑華 :「わーすごーい。交換しよ交換しよ」少しずつ自分の分をみんなに分けてから食べ始めます

多岐川佑華 :「えっと、お弁当交換。好きなおかずとかを交換しながら食べるの」>明乃ちゃん

芹沢琴 :「あ、お弁当交換。親しい間柄だと味見もかねてやるんですが。まだ、早いですかねえ?」笑いながら *注訳12

芹沢琴 :「いや、初めて会った者同士だと私、失礼かなあ、て」

明乃:「えっと」

カトー:「そういう文化、ないんだってさ」

芹沢琴 :「あー、すいませんすいません。」

多岐川佑華 :「なるほど、レムーリアにはない文化なのかあ」

芹沢琴 :「ごめんなさい、文化の違いに気付きませんでした」

芝村裕吏さん :カトーは苦笑してる。

カトー:「あれ、俺役に立ってない?」

多岐川佑華 :「立ってる立ってる。頼りになってるよー」あははと笑いながら小カトー見てます

芹沢琴 :「えっと、ともかくいただきましょうか」とりあえず佑華さんからもらったの先に食べます

芝村裕吏さん :明乃は頭を下げると箸を見て呆然としている。

カトー:「それむずかしいんだよなあ。はいフォーク。これつかえる?」

明乃:「は、はい!」 *注訳13

芹沢琴 :「あ、所で小カトーさん」食べながら話しかけます

カトー:「あに?」

芹沢琴 :「あー、ごめんなさいごめんなさい。あの、先日お中元贈ったのですが届きましたか?」

カトー:「おう。さんきゅ」

芹沢琴 :「あと、明乃ちゃん。私達が先に気付くべきでしたよね。ごめんなさい」

芹沢琴 :「あと、挨拶文も同封したはずなのですが………」笑いながら

カトー:「なにそれ?みてない」 *注訳14

明乃:「い、いえ。ここ、外国なんですね」

芝村裕吏さん :カトーが盛大にこけた。

/*/

芝村裕吏さん :はい。お疲れ様でした。

多岐川佑華 :お疲れ様でしたー

多岐川佑華 :明乃ちゃんええこでしたー

芹沢琴 :小カトー、挨拶文読まないで中身あけちゃったのでしょうか?

芹沢琴 :お疲れ様でしたー

多岐川佑華 :小カトーもええこでした。何度も助けてもらって。本当ありがとう

芹沢琴 :ああ、明乃ちゃんごめんなさい、小カトーありがとういい人

芝村裕吏さん :カトーは説明書読まないよ。

芝村裕吏さん :評価は+1+1、秘宝館には1、1でたのめます

多岐川佑華 :だろうと思ってました(笑

芝村裕吏さん :まあ、絢爛世界出身者は圧倒的に異文化接触につよいねえ

芹沢琴 :ああ、やっぱり………(わかってたけど一応同封してた人)

多岐川佑華 :ですかー明乃ちゃんのフォロー無茶苦茶うまくて驚きました

芹沢琴 :なるほどー

芝村裕吏さん :ええ。日常的にいろんなの相手にしてるからね

芝村裕吏さん :では解散しましょう。お疲れ様でしたー

多岐川佑華 :ちなみに+1+1評価私への小カトーの評価もでしょうか?

芝村裕吏さん :カトーのはあがらないね。キャップはいってる

芝村裕吏さん :ではー

多岐川佑華 :なるほど。了解しました明乃ちゃんだけですね。ではー

芹沢琴 :
ではー

注訳1:前回、多岐川は「加藤屋の守り」ゆえのピンク色の頭が原因で小カトーに遺伝子レベルで拒否されて逃げられています。詳しい経緯はコチラ

注訳2:劇場版第3弾おめでとうございます。はい、最近はまりました。遅いでしょうか。

注訳3:鼻歌に歌っているのは注訳2のOPでもEDでもお好きな方を当てはめてご想像下さい

注訳4:これ、小カトーが明乃ちゃん連れて来てくれたって事でいいのかなぁ? しかし可愛いなぁ

注訳5:ここ、リアルでもPL2人とも反省しました。いや、色々ぐるぐるになって初対面の人に対する気遣いが抜け落ちてました。気をつけないとなぁ

注訳6:ごめんなさい千葉さん勝手に名前使ったりして。多岐川は彼のアイドレス説明文書いてるからともかく、芹沢接点ないよ。小助君(千葉さんの師匠です)は一応S43さんの件で会ってるけど

注訳7:「レムーリア」第二部の時点で、明乃嬢は千葉兄に恋心を抱いています。第三部では恋愛模様はどう移り変わるのか

注訳8:注訳6の通り。芹沢は千葉兄と接点ありません。もしかしたら設定的に政庁城ですれ違った位はあるかもだけど

注訳9:ここで微妙に文化の違いが。世界も奥が深い、レムーリア侮りがたし

注訳10:そこがショウ君のいいところですby多岐川 ああ、さいですか… by芹沢

注訳11:この時、変な弁当が出てきたら……とか勝手に思ってました。お重一杯のコロッケ弁当とか、ワサビ寿司弁当とか

注訳12:別に示し合わせてなかったのに説明微妙に被りました

注訳13:小カトー、ナイスフォロー!! てか、これ私達が先に気づくべきでした。明乃ちゃん、ごめんねごめんね

注訳14:この子は………ちなみに挨拶文の内容は「佑華さんをよろしく」な感じの文でした。てか、実は芹沢と会うの2度目なんですけど。やっぱり忘れてるか(私の事忘れてるのに芹沢の事覚えてる訳ないでしょ by多岐川)ちなみにその時のログはコチラ

ともかく、改めて小カトーさんありがとうございます。いっぱい助けられました。
そして明乃ちゃん。ようこそニューワールドに。今度会う時は、もっとキチンとおもてなししたいと思っています。










小笠原ゲームログ 22:55 comments(0)
たのしいおちゃかい
・登場人物

・金村佑華
 FEG所属の文族。小カトーが関わるとボンクラ度が3割増になる恋する乙女。
 小カトーとの事を相談する為、お茶会と言う名の相談会を開く。
 ちなみに好みは砂糖抜きのミルクティー。

・芹沢琴
 FEG所属の自称・不良文族。普段からボンクラな暢気者。
 今回金村がお茶会開くと聞きつけ、茶坊主として参加。お茶を淹れてるとちょっと幸せ。
 ちなみに好みは砂糖抜きのミルクティー。

・是空とおる
 我らがFEGの藩王様。頼りになるけどトンデモ行動・発言も多い。
 金村が相談相手として呼び出す。
 ちなみに焼酎党(でもお茶会で飲んでたのは砂糖とミルクの入った紅茶。本当はコーヒーと呼びたかったらしいけど……)。

・時間犯罪者素子
 我らが藩王様の最愛の人にして、ある意味最強の人。
 金村が「時間犯罪に関して何か分かるのでは」と思い、相談相手として呼び出す。
 ちなみにお茶会では砂糖なしのミルクティーを飲んでいた。
 今回藩王への愛も語っちゃう……?

・青の厚志
 お茶会のお客様で無名世界観最強の一角に座る人。
 芹沢がお友達になりたい人の1人。
 舞とラブラブしつつ、適度に芹沢に構ってくれたいい人。
 ちなみにお茶会ではストレートティーを飲んでいた。

・芝村舞
 芝村の末姫にして、青の厚志の最愛の女性。
 芹沢がお友達になりたい人の1人。
 FEGの猫さんにぐるぐるしつつも芹沢に構ってくれたいい人。
 ちなみにお茶会ではストレートティーを飲んでいた。
 
 以上の素敵な面子でお送りしております。
続きを読む >>
小笠原ゲームログ 20:55 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • むつき・萩野・ドラケン@レンジャー連邦さん依頼SS
    芹沢琴 (03/28)
  • むつき・萩野・ドラケン@レンジャー連邦さん依頼SS
    空想 (03/28)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS